about us

ヒュゲイアについて

ヒュゲイア:蛇を従え、薬か水を入れたと思われる杯を携えている

ヒュゲイアは、健康・衛生を司るギリシャ神話の女神の名前です。

 

健康のお役に立ちたいという想いから、名前を拝借しました。

 

私たちは水素酸素吸入のよさを体感して、健康を望む多くの方のお役に立ちたいという思いから、2016年7月に水素サロンをオープンさせました。

 

それ以前は、心身の健康をサポートするハンズオンヒーリングなどの統合エネルギー療法を、お互いに個人セッションというスタイルでおこなっていました。

 

統合エネルギー療法の施術に、水素酸素吸入を取り入れることで期待できる相互作用や補助的効果の可能性を感じて、そして水素吸入はどなたにでも簡単に、素早く取り入れていただける利点があることから、これらを活かせるサロンづくりをしてきました。

 

 

水素酸素吸入を提供して3年目に入り、私たち自身日々、吸入を重ねていく中で、新たな発見や体の変化を感じて、吸入のよさの実感を更に深めているところです。

 

水素と活性酸素、活性酸素と細胞内のミトコンドリアとの関係から吸入時に細胞に意識を向けるようになり、体は細胞でできているということを頭の中の知識や理解だけではなく、皮膚感覚、体内感覚を通して意識するように変わってきました。

 

この感覚は統合エネルギー療法の施術を受けているときに感じられるものと似ています。

 

統合エネルギー療法では、生命エネルギーフィールド=「気」を通して、全身、器官、組織などに適切なエネルギーが流されますが、それによって起こる体の様子を皮膚感覚、体内感覚などで知覚することができます。

 

統合エネルギー療法ではエネルギーが、水素酸素吸入では水素と酸素が、それぞれ体が必要としているところ、欲しているところに届いて動きが起こり、体は反応しているのです。

 

水素酸素吸入と統合エネルギー療法は全く異なる療法ですが、どちらも体自体が持っている健康な状態へ向かう力を、高める手助けとなることを改めて強く感じ、さらにその効果が高まるように、2018年7月より、1名のプライベートな空間に変更しました。

 

「体が求める本来の健康へ」をベースに、高濃度水素酸素吸入療法・統合エネルギー療法 ヒュゲイアとして、より一層健康をサポートさせていただきます。



施術者プロフィール

ヒュゲイアは田中と宮代の2名で運営しています。

共に School of Healing Arts and Sciences で、統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングの知識や技術をはじめ、ヒーラーのための解剖生理学、エネルギー心理学などを長期間にわたって学び、トレーニングを積み重ねて、個人セッションやボランティア活動(関東の病院・ケア施設、福島の避難施設)などで、実際面の研鑽を積んできました。

 

2016年7月より高濃度水素酸素吸入を取り入れて、ヒュゲイアとして活動しています。

 

右から、田中、宮代