飯田橋駅から徒歩1~4分/完全予約制

東京 神楽坂

高濃度水素酸素吸入

統合エネルギー療法

ヒュゲイア



体が求める本来の健康へと・・・

 

ヒュゲイアで提供する高濃度水素酸素吸入や、統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングの施術は、能動的に体を動かしてもらうことはありません。

 

けれども、体の内部ではさまざまな動きが起きています。

 

吸入で鼻から入った水素が、体内の活性酸素と結びついておこる変化、新鮮な酸素を取り込んだ血液の流れ、

 

足湯であたためられた血液がめぐることによる体の様子、

 

ハンズオンヒーリングでエネルギーが流されておこる体の反応、そしてエネルギーがいきわたった後の全身の感覚など……

 

吸入中、施術中は、自分の体に意識を向けて、その変化や様子に静かに耳を傾けてみてください。

 

体の感覚を開いて微細な変化を感じとることで、自分自身の体の状態に気づきやすくなり、自分にとってより心地のよい状態がわかりやすくなります。そしてそれは、体が求める本来の健康な状態へとつながっていくでしょう。

 

ヒュゲイアは、高濃度の水素酸素吸入と、統合エネルギー療法の施術で、体が求める本来の健康をサポートいたします。




高濃度水素酸素吸入

水素の特性は、細胞にダメージを与える活性酸素ヒドロキシラジカルのみに結びついて水に換えることです。

 

活性酸素が増える要因は年々増え、アンチエイジングや健康維持のために抗酸化作用のある食品やサプリメントが求められていますが、水素は非常に小さいこと、水でも脂でもオールマイティなことから、血管や細胞内、脳内など何処へでも行き届き優れた抗酸化作用を発揮します。

 

水素吸入は拡散による効果が大きく水素水を飲んだ場合と比べると、より効率よく多く摂れると言われています。「水素ガス吸入療法」は 心停止後症候群において、厚生労働省の先進医療B(番号51)に認可(2016年12月9日)されました。

 

ヒュゲイアの水素酸素発生器は、水素66.6%・酸素33.3%の割合の水素酸素混合気体で、水素濃度は約67万ppmというこれ以上ない数値です。

 

この水素酸素発生器の中でも大型タイプは、水素酸素発生量が大きいので4〜5名同時の吸入が可能ですが、1名に吸入を絞ることで、短時間に充分な量の水素酸素を提供できるように設定しています。(メーカーの1名あたりの平均量(/分)約4倍以上に相当)

 

一人だけのプライベートな空間での吸入は、よりリラックスしやすく体を緩めやすくなるでしょう。体が緩まることで自律神経への働きも期待されます。心身を休める時間としてもご活用ください。


統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリング

統合エネルギー療法は、東洋医学で言われている「気」=生命エネルギーフィールドに働きかけ、体に備わっている「健康な状態へ向かう力」を高める手助けとなる療法です。

 

「気」のバランスは健康の土台と言う説があり、病気症状として体に現れるより先に「気」の乱れとして現れると言われています。

 

また、体と心は影響し合い、不調の原因が体と心どちらに根本があるのかわからないことは多々ありますが、生命エネルギーフィールド=「気」は体と心を仲立ちするものなので、体と心双方向に働きかけることができます。

 

施術は体に直接手を置くハンズオンヒーリングで、キレーションと呼ばれるテクニックをベースにおこないます。キレーションは米国のロザリン・ブリエール博士が臨床に生かせる体系として確立されたものです。

 

全身や、各器官・組織などの細部に、適切な周波数のエネルギーを流して、生命エネルギーフィールドの乱れや滞りをクリアにし、バランスさせ、チャージをすることで、体本来に備わっている癒える力を高め、健康の維持と回復を促します。

 

ハンズオンヒーリングは生命エネルギーフィールドに直接働きかけるため、他の療法では可能ではない形で効果を引き出すことが期待できます。

 

体全体をみながらの統合的な視点をベースにして、体の不調に働きかけ、その人自身が持っている体が健康な状態へと向かう力をサポートする施術を提供します。






ヒュゲイアで提供しています高濃度水素酸素吸入、水素足湯、統合エネルギー療法の施術は、医療行為に替わるものではなく、病気症状の治癒をお約束するものではありません。あきらかに病気症状のある方は医療機関にご相談ください。